地域で変わる治療方法の変化。安心安全の歯科治療。

歯の健康は体の健康にも繋がっている

技術と進化

入れ歯の歴史について

歯科治療で行う入れ歯治療ですが入れ歯の歴史はかなり昔からあるようです。 今の形のようなゴム床の入れ歯が出来たのは1850年代に弾性ゴムが開発されるようになってアメリカやヨーロッパで使われるようになりました。 日本に入ってくるようになったのは、それから遅れること20年以上たった明治時代に入ってから、アメリカ人歯科医師が紹介してからだといわれております。当時はこのゴムで作られた入れ歯を「西洋義歯」と呼んでいたそうです。 それから時代が昭和に移ると科学技術の発展に伴って入れ歯の技術も発展しました。プラスティックの発明によって入れ歯にも大きな影響を与えたとされております。なかでもアクリル床義歯はそれまでのゴム床義歯に比べて天然の歯肉の色と調和するようになりました。

インプラント技術が発展するなど歯科治療は発展しています

歯科治療における入れ歯治療は近代に入ってから急速に発展するようになりました。ただし、入れ歯は取り外しが必要であるためわずらわしいといった側面があります。近年に入ると歯科領域ではインプラント治療というのが大きな発明として取り上げられるようになりました。インプラントはチタンで出来た人工歯根を歯に組み込んで骨と結合させます。インプラントは取り外しが不要だけでなく噛み心地が変わらないという利点もあります。このように取り外しの必要がない歯を作ろうという発想に至ったことは歯科治療に大きな進歩を遂げさせたのは間違いないようです。 今後も素材の改良などが進むことで患者に負担がかからないような歯科治療は発展を遂げていくのだと思われます。