地域で変わる治療方法の変化。安心安全の歯科治療。

歯の健康は体の健康にも繋がっている

効果を持続させる

白い歯を長持ちさせるコツ

歯のホワイトニングは歯科医院で受けることができます。近年では審美歯科として見た目や美しさに特化した診療科目を持つクリニックも増えていますが、いわゆる街中の歯医者さんでもホワイトニングは受けることができるようになりました。白い歯は清潔感だけでなく好印象をもたらす効果もあることから、今では多くの人が施術に訪れます。 しかし、このホワイトニングの効果は半永久的に持続するものではありません。歯科医院での施術の場合でも、3〜10ヶ月ほどで色戻りしてしまうため再度ホワイトニングが必要です。色戻りまでの期間には日ごろの食生活が大きく関係します。まず煙草を吸う方は禁煙が望ましいでしょう。コーヒー・紅茶・ワインというように着色しやすい成分を含む食品を控えることでもホワイトニング効果を保つことができます。

ホームケアを併用することも

ホワイトニングで手に入れた白さはいずれ色戻りしてしまいます。そのため、白さを維持し続けるためには定期的にホワイトニングに通う必要があるのです。一方で、新しい着色であれば白く出来る方法のひとつにクリーニングがあります。歯周病予防の効果もあるとされる一般的なクリーニングでもよいですし、ホワイトニング特化したクリーニングを行うクリニックもあります。より短いスパンで施術を受けることにはなりますが、結果的に安くすむケースも少なくありません。 また、ホームケアを併用するという方法も手軽な方法のひとつです。ホームホワイトニングは効果が実感できるまでに時間がかかる点を懸念する方もいますが、一旦クリニックで白くした歯を持続するには好都合です。クリニックに通う手間が省けるという点も大きなメリットですし、お財布にもやさしいことから近年ホームケアを行う方は増えています。