地域で変わる治療方法の変化。安心安全の歯科治療。

歯の健康は体の健康にも繋がっている

キレイに白く

一般的に歯科では虫歯などの治療を行なう場として、多くの人に利用されていました。しかし、この過程で歯を白くするといったことがあります。洗浄による効果で、歯を白くできるのです。現在ではこの洗浄に特化したホワイトニングと呼ばれる治療方法が確立しており、多くの人が利用しています。ホワイトニングによる治療には様々な器具を使用することもあります。

ホワイトニング治療は全て同じ方法ではありません。大きく分けて、実際に歯を白くするのか、それとも歯を白く見せたいのかといった点があります。歯を白く見せたい場合はセラミック材質の素材などを使用して被せ物を作るなどの対応があります。自分の歯形をとり、それに合わせて製作していきます。これは多くの人が利用しているものですが、被せものをする際には事前に虫歯などの治療を行なうことがおすすめです。虫歯の状態で被せものをしてしまうと、内部で虫歯が広がるリスクがあるからです。次に歯を実際に白くする場合です。歯にこびりついた歯垢などを削ることで、白くすることができますが、最近の手法として薬剤を利用する方法があります。歯垢を落とす薬剤類は徐々に落とすものと、即効性のものがあります。自分の身体にあうものを使用することで、安全に使用することができます。一番新しい方法の中にはオゾンを使用した方法もあります。まだ登場してきたばかりなので、保険などの適用が難しい治療方です。